アスリートに大切なのは「筋肉をゆるめること」

スポーツを行う全ての人に言いたい。

 

最高のパフォーマンスをしたいなら

 

筋肉をゆるめておくこと

 

筋肉をゆるめてあげると、『身体が軽く感じる』

 

それは自分の持つ本来の身体である、ということ。

静的ストレッチは筋トレである。

私がスポーツクラブでトレーナーをしていた12年以上前から常識として情報提供していました。

動的ストレッチの方が静的ストレッチより筋を緩めることができる、と社内研修やら情報誌やらで学びました。

でも、未だにストレッチで柔らかくなる!と信じて実践している人が多い!指導者も然り。

それで柔らかくなった人、見たことないしね。

結局力んでストレッチするから無酸素運動になってるんです。身体が硬くて『痛い』を柔らかくなったと錯覚し満足している。。。

 

筋肉を揉むのも、『痛い』⇒『反射』⇒『収縮、緊張』

タッチングされた気持ちよさから『痛気持ちいい』と脳が勘違いし、結果筋肉は緊張したまま。揉み返しが起きて「イタタタタ。。。」となってしまう。

さとう式の『もまない、押さない、引っ張らない』方法で筋肉をゆるめることで、筋肉の収縮⇔拡張が筋パワーを生む。

 

 

ここからは私の主人の話です。

 

先日、家族で森林公園へ行きました。

その時、主人は趣味の自転車で山トレ。

2ヶ月ぶりのヒルクライム、本来はいいタイムが出ないらしいのですが、今回はフレクサーアーム・ソックス着用、ポイントテーピングも貼ってさとう式フル装備!筋肉がゆるみ、身体の腔が整った状態でスタート!

 

下山後に感想を聞くと、身体の感覚は「身体が軽く感じた」

 

そして、タイムは、、、自己ベスト更新!!!

 

仕事が忙しくて毎日深夜に帰宅、睡眠不足が続き、体調万全ではないのにも関わらず、自己ベスト更新!素晴らしい!

ね!筋肉をゆるめてあげれば、パフォーマンス力は向上するんです!

普段のトレーニングでさとう式ケアを続ければ、さらに自己ベスト更新していくことでしょう!

スポーツを楽しむ全ての方へ。

さとう式を試していただきたいなぁって思います☆