· 

頭痛の恐怖から学ぶ、筋肉のケア

頭痛 辛い

店主の石田です。

 

私が『さとう式リンパケアを学ぶ理由』

【早死にしたくない!長生きするんだ!】

可愛い息子たちが成人して巣立っていくまで、まだ先が長い。

自分の親としての責任を果たすためにも、病気にはなれない。といった思いからでした。

 

そして、『頭痛』『肩こり』『腰痛』『肉離れの後遺症』といった【痛み】から解放されたかったから、なんです。

 

その中でも、頭痛。

 

子供を産み、育てる中で

 

『子供と目線を合わせる』から『猫背になる』

『子供の体調不安をスマホで調べまくる』から『猫背になる』

『子供と手をつないで歩く』から『猫背になる』

『子供を抱っこ紐で前に抱える』から『猫背になる』

 

この『猫背になる』から『頭痛』が頻繁に起こるようになりました。

頭痛薬を飲まないでいると、吐き気もこみあげてくる。

それでも、吐くことはなく、我慢我慢の日々。

ところがある日、『片頭痛』へと悪化し、朝から嘔吐が止まらない。

頭の激痛で起き上がれない。

当時、小さな子供たちを家に残し、タクシーを呼び、脳外科医の元へ駆け込みました。(吐きまくっている母を見て、ただ事ではないと感じてくれた長男が頼もしかったです)

 

その時に処方された、片頭痛の薬の中に『筋肉を柔らかくする』ものもあり、

片頭痛を起こさないための予防薬として、1か月分処方されました。

 

そうか…背中から首、頭の筋肉がカチコチに固くなっているから、頭痛が起こっているのか。

分かっていても、頭痛を誘発する行動を、改善できない自分を責めたものです。

 

こんな事が2度あってはいけない!!強く思いました。

さとう式リンパケアを習い始めていた頃でもあったので、セルフケアマスター養成講座を申込み、しっかり学びました。

 

おかげ様で今では、デスクワークが続いて肩こりを感じる時に頭痛が軽く起こるくらい、頭痛薬を飲む回数も月1あるかないか、まで減っています。

 

私がさとう式リンパケアを学ぶ理由は、このような経験があったらです。

 

私と同じように、頭痛で悩んでいる方に、少しでも痛みを改善するお手伝いができればいいな。そう思っています。

 

頭痛改善