· 

陸上競技で必要な筋力トレーニングと怪我防止ケア

戸田市リンパケアルームLead、石田です。

 

陸上競技選手が履くシューズの裏側、じっくりご覧になられた事はありますか?

短距離用スパイクシューズ

陸上競技場のトラックで使用するシューズの裏側は、写真のように【ピン】がついています。サッカーや野球のシューズとは違う事がお分かりいただけるかなと思います。

今回のブログでお話したいのは、シューズの選び方。。。ではありません。

 

【ピンが足裏の前側だけについている】

 

という特徴です。

足裏の前側、要は母指球周辺にのみピンがついています。

そうなんです。

陸上競技、特に短距離選手は

【かかとは地面につけません】

【母指球を使って地面を蹴ります】

常にかかとを浮かせ、つま先で走っているのが特徴です。

 

母指球に体重を乗せて走る。

【母指球荷重】ということは、リンパケアでいう【屈筋】を使って走ることになり、

この【屈筋】がうまく使えていると推進力が前へと働き、スピードが増す事になります。

屈筋は支持筋である

※支持筋は屈筋です。

屈筋を使って走る

例えば、かかとから地面に着地すると、

「かかと荷重」になります。

という事は、重心が後に移動しますので、前への推進力はうまれません。

そして、重心が後ろに移動すると「伸筋」が働くため、それがブレーキとなりスピードが出ない。

陸上競技経験のない方は、おそらくかかと着地か足の裏全部を地面につけて走っていると思います。

スピードがうまれないわけは、こういった理由です。

 

短距離選手は、いかに母指球に乗って、屈筋を使い、前への推進力を利用して加速できるか、です。

 

そんな母指球荷重で【屈筋】を使う競技は、相当な負担が【屈筋】にかかりますので、屈筋をメインとした筋力トレーニングで強化する必要があります。

すると、激しく使った屈筋は疲労し、疲労した屈筋を助けるように『伸筋側がバランスを取ろうとして緊張する』

更に屈筋と伸筋のバランスが崩れ、伸筋側の痛みが発生、そのままケアを怠ると怪我につながります。

 

【屈筋】が命の短距離走。入念なケアは怪我の予防になりますので、筋力トレーニングど同様にケアを行う時間をたっぷり取りましょう。

疲労が解消した【屈筋】は、機能がアップしていますので、記録更新につながる走りが出来るようになります!

 

また、フィジカルケアで大切な事。

屈筋のケアはリンパケアをしてからストレッチをしましょう。

いきなりストレッチを行っても筋肉の緊張が強い場合、伸張反射を起こしやすいです。

伸張反射はより筋肉を固くしますので、まずはリンパケアで筋肉の緊張をほぐします。

そのあと、ストレッチです。順番をお間違えないように。

 

アスリートの活躍を応援しています。