楽に息が吸えますか?〇〇筋をゆるめて大きく深呼吸する呼吸法

身体の疲れをスッキリ解消する、リンパケアルームLead石田です。

 

第2回 楽に息が吸えますか?〇〇筋をゆるめて大きく深呼吸する呼吸法

 

ヨガやストレッチのレッスンを受けた事はありますか?

 

「呼吸が大事」

そう話す、ヨガインストラクターやセラピストさん。

その通り!

なのですが、その「呼吸」を意識してしまうと「苦しさ」を感じてしまう。

そんなご経験、ありませんか?


人間ドックでの肺活量テスト


またちょっと話が変わります!

 

人間ドックで

「吸って~~~!」「はい!止めて!!」「吐いて~吐いて~全部吐ききって~~~!!!!」

 

という検査をうけたことはありますか?

これ、肺活量テストです。

 

一度でもやったことのある方は、きっとこのように感じたことでしょう。

 

「くっくっ苦しい~~~!!」

 

息を吸って吐く、を意識すると苦しいんです。なぜでしょうか?


3つの呼吸法


①あなたは普段、呼吸を意識していますか?

 

「吸わなきゃ!」「吐かなきゃ!」

 

なんて、思いませんよね!

この時の呼吸法は、

「自然呼吸」または「安静時呼吸」

と言われます。

生きる上で必要な酸素を吸うために、自然に呼吸活動をしています。

その際、苦しい!と思いながら息を吸う事は病気以外では、ないと言えます。

 

 

②ヨガやストレッチなどで、深い呼吸をするように促されます。

「お腹を膨らませるように吸って~~」「お腹をへこますように吐いて~~」

といった呼吸動作をすると思います。

これを「腹式呼吸」と言います。

この呼吸を意識しながら行うと、慣れていない方は「苦しさ」を感じて「難しい~~!」と感じる方が多いです。

「先生のように息を吸えない」

なんて、お言葉を頂いたこともあります。

 

 

③リンパセルフケアでは、腹式呼吸と胸式呼吸(胸で吸う)を合わせた「胸腹式呼吸」を行っています。

これが難しい!練習しないとうまくできない。

だから、

「先生、難しい~!苦しいです!」なんて声を頂く事もあります。

 

これらを踏まえて何が言いたいかというと

 

意識して行う呼吸は苦しい

 

ということ。


どうしたら楽に吸えるのか


呼吸って肺だけの動きではないんです。

呼吸は、「横隔膜」という筋肉が大役を果たしています。

 

息を吸うときは、横隔膜が下がり肺が広がります。

吐くときは、横隔膜が上に上がって肺を押し上げます。

この横隔膜の動きが、呼吸をする上で大切な役割を担っている事を、まずお伝えします。

 

さて、この横隔膜。

「膜」って書いていますが、筋肉です。

上記写真のように、みぞおちあたりにあります。

この横隔膜という筋肉の収縮運動で、呼吸は成り立ちます。

 

「筋肉」ですから、意識をすると「収縮が強くなり」ます。

だから、この収縮の強さが強すぎると、呼吸がしずらくなって苦しさを感じるんですね。

腹式呼吸も胸腹式呼吸も、「横隔膜を収縮させる」と筋肉を意識させていますから、

余計苦しさを感じやすくなります。


横隔膜の収縮をゆるめてみよう!


呼吸を意識することで、横隔膜が収縮し緊張してしまうなら・・・

リンパセルフケアで「ゆるめてあげればいい」のです!

横隔膜の収縮をゆるめるケアをすると、腹式呼吸や胸腹式呼吸をした時に、

「酸素がたくさん入ってくる!!!」

と感じるようになります!

 

呼吸って本当に大切!

だからこそ、この横隔膜をゆるめるケアで、ラク~に酸素を吸っていただきたい!!


吐く方が大切だったりする


息を吸うのは、結構意識しやすいです。

酸素をたくさん取り込むぞ~って思うからでしょうか。

吸うのは比較的すぐ出来るようになります。

 

ですが、吐くってあまり意識しないと思うんですね。

でも、息を吐くってとっても大事。

 

 

だって、息を吐かなければ、酸素を取り込むスペースを作れない!

 

息を吐けないから吸えなくて苦しい

 

という方もいらっしゃったりします。

 

息を吐くから

 

息は吸える

 

息を吐く

 

リンパセルフケアをしながら、息が吐きやすくなったか。

 

感じてみてくださいね!


横隔膜の緊張をとるリンパセルフケア


第2回も最後まで読んで下さりありがとうございます!

 

呼吸のしやすさ、実際に感じていただきたいので、このLINEリンパセルフケア講座をお読みいただいた方に

横隔膜の緊張をとるリンパセルフケア動画

「バストアップ」

をプレゼントいたします!

 

ケアを続けていくと、

「ラク~に呼吸できる~!!」

と感じるようになりますよ。

そして、その名の通り、バストアップします♪

 

ぜひ、お試しくださいね♪

 

次回は、第3回血液とリンパセルフケアの関係は?を配信いたします。

 

血液といっても、ターゲットとなる血液は毛細血管!

毛細血管って40才ごろから少しずつ機能低下していく(老化)ってご存知でしたか?

ぜひ次回もお読みください!

 

第2回の呼吸法に関して、ご感想をLINEメッセージにてお待ちしております!

バストアップセルフケアのご感想も送っていただけると、とっても嬉しいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!