· 

思いっきり息を吸いたい!

疲れ知らずの身体を目指す、セルフケアマスターの石田です!

 

突然ですが、思いっきり息を吸いたい!と思ったことはありますか?

 

大きな深呼吸~

 

吸って、吐いて・・・

 

あれ?なんか苦しい・・・

 

呼吸法ってたくさんあるのですが、吸い方を知れば知る程、苦しくなる。

 

そんな時のリンパセルフケアって、何をすればいいでしょうか?


呼吸で使う筋肉


呼吸をするとき、意識する身体の場所って、おそらく「肺」だと思います。

呼吸を意識するときって、胸に手を置きますから。

 

では、その「肺」を動かしている筋肉ってなんでしょうか?

 

ひっく・・・ひっく・・・ひっく・・・としゃっくりする、あの筋肉

 

「横隔膜」です。

しゃっくりは、横隔膜の痙攣です。痙攣が治まると、しゃっくりも終わります。

 

その横隔膜が、収縮運動(上下運動)をすることで、肺が動き呼吸ができるんです。

 

横隔膜は呼吸をするために必要な筋肉のひとつです。

 


膜、だけど筋肉


「横隔膜」

膜、と書きますが、

「筋肉」です。

筋肉ですので、使えば疲労して固くなります。

 

呼吸しにくいなぁ・・・

なんて思う事があれば、横隔膜の筋肉をケアしてみましょう。

 

※あくまても、呼吸しにくい1つの例として挙げています。改善しない場合は、病院で検査を受けてみてくださいね!


リンパセルフケア例


まずは、仰向けに寝て、自然呼吸(いつもの呼吸)をします。

その後、腹式呼吸(お腹を膨らませるように吸って、お腹をへこませるように吐く)をして、息が吸いやすいか、吐きやすいかを

感じます。

 

この時に、「吸う」ことよりも「吐く」方を意識しましょう。

「吐かない事には、吸えない」からです。これ、とても大切!

 

息を吐けば、自然と吸えます。それを感じてみましょう。

 

呼吸を感じたら、リンパセルフケアをやってみます。

 

①バストアップ

 

これを3セットは行ってみましょう。

ゆっくり、丁寧に、呼吸を意識しながらやってみてくださいね!

 

もし、余裕があったら

 

②ウエストダウン

③みぞおちファシアケア

をやってみましょう。

②③は、セルフケアマスター養成講座の中で、やり方を詳しく説明しています。

 

バストアップケアのやり方動画は、

LINEで学ぶリンパセルフケア講座(全5回・無料)の中でご紹介しております。

ぜひ当店のLINE公式アカウント

「リンパケアルームLead☆石田佳寿子」

をお友達登録して、やり方をマスターしてくださいね!

友だち追加