· 

柔らかいヨガマットが効果を高める秘訣!

セルフケアマスターの石田です!

 

リンパセルフケアの効果を高める必須アイテムについてお伝えします!


厚さ10㎜


ヨガを習った事のある方であれば、ヨガマットの種類がたくさんあるのをご存知かと思います。

 

ヨガのポーズを取りやすくするため、ヨガに慣れ親しんでいる方は

薄い厚さのヨガマットを使います。

 

ヨガ初心者の方だと、約6~10㎜の厚さのヨガマットを選ぶと思います。

 

リンパセルフケアは、ヨガのようにポーズをとるわけではないので、関係ない話ではありますが・・・

 

もし、ヨガマットを敷いてリンパセルフケアを実践するのであれば

 

「厚さ10㎜」

 

をお勧めします。


同期同調


リンパセルフケアの考え方に【筋肉をゆるめる8つの条件】というのがあります。

その一つに、<同期同調>というのがあるんです。

 

同期同調⇒例えば、お顔の筋肉をゆるめると、そのすぐ下にある首の筋肉もゆるんでいく。

 

といもの。

柔らかくしたいメインの筋肉があれば、その周囲の筋肉を柔らかくしてあげると、一緒にゆるんで柔らかくなる!

 

であれば、柔らかいヨガマットの上に座ってリンパセルフケアをすれば、身体も同じように柔らかくなる

 

反対に、硬い床の上に座ってリンパセルフケアをすれば、身体も硬くなってしまう。

 

5㎜くらいの厚さのヨガマットより、10㎜のヨガマットの方が当然フカフカしていて柔らかーいです!

 

これからヨガマットを買ってリンパセルフケアをやっていきたいな、という方は

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!


柔らかければなんでもOK!


わざわざヨガマットを買ってまで・・・と思っている方には、以下の柔らかーいものは、いかがでしょうか?

 

・座布団

・お布団

・ソファーに座って

・座面の柔らかい椅子

 

リンパセルフケアは、仰向けになって行うものもありますので、

長座布団とか、気持ちよさそう~~!!

 

柔らか~く、ゆるゆる~っと身体がゆるんでいく感覚をイメージしながら

リンパセルフケアをやってみてください!

LINE公式アカウント

「リンパケアルームLead☆石田佳寿子」

お友達登録していただくと、

LINEで学ぶリンパセルフケア講座(全5回)を無料配信いたします。

身体の疲れをとるために、必要な情報&ケアのやり方を手に入れてくださいね!

友だち追加