· 

3つの腔を整えよう

セルフケアマスターの石田です♪

 

いきなりですが、下の写真をご覧ください。

3人の女性。

見比べてみて、いかがでしょうか?

顔の表情からお分かりいただけると思いますが(^^;)

向かって左側の女性は、姿勢が真っすぐで綺麗に見えます。

真ん中の女性は、猫背で老けて見えますね。

向かって右側の女性は反り腰、腰が痛そう。。。

 

顔が同じ女性なのに、姿勢が違うだけで、見た目が全く違う。

綺麗な服を着て、綺麗にお化粧をしても、姿勢が崩れているだけで美しくない!!

 

ちょっと悲しい現実です…。


3つの腔


当店がご案内している「さとう式リンパケア」は、上記写真のような姿勢を改善することができます。

なぜなら、「3つの腔を整える」という考え方があるからです。

①口腔

②胸腔

③腹腔

 

という3つの腔に分けてケアしていきます。

どんな手技をしていくかは、リンパセルフケア講座の中で学んでいただくとして、

3つの腔をケアする事でどうなるのか。

イメージしていただける写真があります。

さとう式リンパケア講座の中では、よくペットボトルを例に出します。

 

綺麗な通常のペットボトルには、500mlの水が入ります。

でも、つぶれてしまったペットボトルには、500mlの水が入りきりません。

 

人の身体でいえば、必要な体水分量で満たすことができず、身体に不調が現れてしまう可能性を意味します。

また、紙コップを例にしてみましょう。

 

潰れている紙コップ、太って見えませんか?

実際の人の腔が、コップのように潰れて変形する事はありませんが、

腔=空間を整えるだけで、見た目が変わるんですね。

 

では、実際の人で見てみましょう。

上の写真の女性は、セルフケアではなく、施術を受けられました。

同じさとう式リンパケアの手技になりますので、セルフケアも施術も同じ効果が期待できます。

 

猫背、改善していますね。

背中がスッキリして見えます。


こちらの上の写真は、昨年あたりの私です。

1時間、たっぷりセルフケアした写真です。

 

お恥ずかしいですけれど・・・

胸の形が変化しているの、お分かりいただけますか?

バストアーップ!!!

お尻も小さくなりました。

 

コロナが流行る前に、福祉センターで行っていた月1サークルでも、

「先生!バストがめちゃくちゃ上がってます!!」

と感動されていた方が何人もいらっしゃいました♬

3つの腔を整える。

やり方はとても簡単で、直ぐに覚えられてしまいます。

 

大変なのは、そのセルフケアが習慣として続けられるか・・・

という事だけ。

その習慣化するためのサポートもお任せいただければと思います!


LINE公式アカウント

「リンパケアルームLead☆石田佳寿子」

お友達登録していただくと、

LINEで学ぶリンパセルフケア講座(全5回)を無料配信いたします。

身体の疲れをとるために、必要な情報&ケアのやり方を手に入れてくださいね!

https://lin.ee/hGvpRsu

ID:@zvb8588q

 

友だち追加