· 

背骨や鎖骨がずれてしまうくらいの強い筋力

セルフケアマスターの石田です♪

 

今回は、私の鎖骨を紹介します(笑)

胸の筋肉の緊張が強まると、この右側の鎖骨がかーなーり痛みます。

リンパセルフケアで胸の筋肉をゆるめると、すっっと痛みが消えます。

 

中学生の時の障害が、今も残っている私ですが、

リンパセルフケアと出会ったことで、この痛みとうまく付き合う事ができています。


中学の部活動


私が中学生の頃、当時イトーヨーカ堂の斎藤真由美選手に憧れて、バレー部に入りました。

1年生でレギュラー選手を狙う、世間知らずの私でした(笑)

だから、球拾いも真面目にやったし、声出しも近所迷惑になるくらい大きな声で、とにかく活躍したかった。

(1年生の秋からベンチ入りできました♬)

親にボールを買ってもらい、練習のない日も自宅の外壁を使って、とにかく自主練。

ボールに触らない日がないくらい、毎日毎日、3年生の引退する日まで必死に上を目指して頑張っていました。

 

中2のある日、体育のバスケの授業でシュートを放った時に、鎖骨に痛みが走りました。

その後、ずっと痛い。

部活中も痛い。

整形外科に行き、レントゲンを撮ってもらったら

 

『背骨がねじれて側弯しています』

 

バレーボールが出来なくなる恐怖に耐えながら、牽引治療に通いました。

でも、直ぐに治るわけもなく。

練習が出来なくなってしまうし、痛みも和らいでいた事で、無断で通院をやめました。

 

今でこそ勉強して、知識が増えたので分かりますが、

筋肉は骨に付着していますから、いくら骨を引っ張ったところで筋肉の緊張が強ければ、骨はまた引っ張られてしまう。

骨だけ見ていては治らない。

なぜ、骨がずれてしまったのか。その原因が筋肉の使い過ぎによるものならば、その根本的な改善をする必要がある。

でも、当時は骨を引っ張るだけ。

治るわけがないんですね。

 

そんな事で、今も鎖骨が前に出っ張っています。

 

疲れがたまると、これが痛い・・・。

 

今思えば、猫背、部活動でのオーバーワーク、専門指導者がいなかったので間違ったフォームでプレーした結果と考えます。

 

中学生の時期って、身長の伸びが著しく、ぐんっっと伸びる時期。

骨が柔らかいですから、スポーツのやり過ぎは、警戒しないといけない成長期なんですね。


さとう式リンパケアに救われる毎日


大人になっても鎖骨の位置がずれているままですから、放っておくと痛い。

 

そんな時には、胸のリンパケアを欠かさず行い、リンパケアの後にストレッチをします。

すると、直ぐに痛みが和らぎます。

凝り固まった筋肉をほぐすことが、とても大切です。

 

リンパセルフケアをすることで、痛みとうまく付き合う。

 

このブログをお読みになってくださっている方は、身体に何らかの痛みや違和感を抱えていたり、

身体の不調を予防したいと考えていらっしゃるのなか、と思います。

 

であれば、まずはリンパセルフケアを試してみてください。

そのリンパセルフケア、筋肉がゆるんで柔らかくなっている実感がありますか?

 

身体の疲れ、痛み、だるさ、といった違和感。

リンパセルフケアで、これらの違和感を少しでも解消する事ができる!

身体がふわっと軽くなって、動きやすさを感じる毎日を過ごしていただきたい!

 

あなたの不調は何ですか?

その原因は分かっていますか?

身体の不安をリンパセルフケアで解消しましょう!


LINE公式アカウント「リンパケアルームLead☆石田佳寿子」にご登録いただくと、

LINEで学ぶリンパセルフケア講座(全5回)の配信を受け取る事ができます。

ぜひ、お友達登録してくださいね!

友だち追加